店頭買取─お酒買取の不明点は直接聞きたい・機械音痴の人におすすめ

この記事は約4分で読めます。

お酒の買取方法『店頭買取』とは?

「お酒を売りたいんだけど、初めてだからどんな方法があるのかわからない」という人もいるんじゃないでしょうか?

買取業者があるというのは知っていても、売る方法や流れを知らないという人も多いと思います。
そこで、こちらでは買取方法の一つである「店頭買取」についてまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね♪

まず、店頭買取はほとんどの業者で利用できる方法です。
直接店舗に売りたいお酒を持って行き、買い取ってもらうというもの。自分で持って行くだけで良いので、初めての方でも簡単に売ることができます!

店頭買取の基本的な流れはこちら!

・電話やネットなどで仮査定してもらう
・査定額に納得できたら店頭に持ち込む
・店頭にて本査定をしてもらう
・査定額に満足できたら買取成立

「まだ売るかわからないけど、どのくらいの価格になるのか知りたい」という人は、まずは店頭に行く前に電話やネットなどで仮査定してもらいましょう♪

実物を見るわけではないので確実な査定とは言えませんが、だいたいどのくらいになるかはこの段階でわかります!

その後店頭に持ち込んだ時に本格的な査定をしてもらえるんですけど、この段階で査定額が変わることもあります。

もし思ったよりも価格が低くて売るのをやめたくなったら、キャンセルもできるので安心です♪

お酒を『店頭買取』するメリット

店頭買取の良いところは、まずお店のスタッフさんと直接やりとりできるということ!
わからないことがあれば聞くこともできますし、相談なども気軽にできます♪

スタッフさんはお酒に関して知識があるので、売る側がお酒について詳しくなくても大丈夫です!

さらに顔を合わせてのやりとりで交渉もしやすいので、熱い思いを伝えれば価格がアップする可能性も!
少しでも高く売りたいのであれば、交渉をすることをおすすめします!

それから、買取成立までの流れがスムーズというのもメリットの一つです。
店頭に持ち込んで査定してもらって、成立したらその場で現金化になります。

すぐにお金が手に入りますし、お金がピンチという人にとっては嬉しいですよね♪

そして店頭買取はお店に連絡などをせずに持ち込むことも可能なので、自分の都合がいい時に売りに行けます!

ただ、お店が忙しい時は待つ可能性もあるため、待ちたくない人は事前に予約しておくと良いかもしれません。

お酒を『店頭買取』するデメリット

良いところばかりではなく、悪いところも正直にお伝えしていきます。
店頭買取のデメリットは、まず時間に縛りがあるということ!

お店の営業時間内に行かないといけないので、忙しい人にとっては少し厳しいですよね。
都合のいい時に売りに行ける良さはあるけど、営業時間を気にしなくちゃいけません。

それから年中無休のお店もありますが、定休日があるお店もあるので注意が必要です!

さらに、重いお酒を持ち運ばなくてはいけないのもデメリットでしょう。
お酒は1本でも重さがあるので、数が多いとその分重くなって大変!

車がある人は持ち運びも楽ですが、電車や徒歩の場合は体力的にきついですね。

そして結構多いのは、「近くに店舗がない」ということ。
自宅の近くに店舗がないという人も多いので、直接行く手間がかかるのも悪い点ではないでしょうか。

遠いと行くのが面倒ですし、持ち運びも大変なことを含めると、デメリットの方が多く感じる人もいるかもしれません。

『店頭買取』はこんな人におすすめ

「顔を見ずに売るのはちょっと不安…」「直接お店の人と話したい」という人は、特に店頭で売ることをおすすめします!
顔を合わせてやりとりできるので安心ですし、初めて売るという人には向いてる方法です。

それから、店舗がすぐ近くにあるという人は売りに行きやすいでしょうし、交渉が得意という人なら直接やりとりした方が良いですしね。

店頭買取のメリットとデメリットを挙げてきましたが、人それぞれ感じ方は違うと思います。
自分は店頭の方が売りやすい!という方は、ぜひ店頭買取を利用してほしいですね。

これからお酒を売ろうと思ってるなら、自分に合った方法を選んでください!

タイトルとURLをコピーしました